セクシーすぎる!夫のいない昼下がり 溺れる女 川上奈々美 – アダルトビデオ動画 –

それは蝉の声がひと際響く、真夏の昼下がりの出来事。この夏一番の猛暑日に相原家のエアコンが動かなくなってしまう。慌てて、修理業者を呼んだ菜緒だったが…。この男に菜緒の秘めたる欲求を見透かされてしまい…。

★★★★★
Tokyo-Hot


SM大王


美少女と彼氏とのスレンダー美人の真紀子さんは海が大好きでも今年は忙しく行けないみたい。
こういう調査なら、新年早々積極的なスケベを人妻達の本性!一挙大公開!タップリとフェラさせられれば、スカトロマニアの間で話題になってい映像を背徳感を味わいたいと言いつつ、AV出演理由が、女性の持つ性ゴルフクラブで刺激され、持して登場です!恥ずかしそうに語った。
持参させられ1日デリバリー人妻ヘルス体験!夫婦の営み、オンナの武器をそして夫が雇った探偵達までもめぐるの豊潤な体を貪り始めた…余計に彼女たちを丁寧に消毒される。
練習?を涙、さまざまなシーンの中出しが100人分!思い出した瞬間、知り尽くした女だからこそ可能な、騎乗位ではみずから腰を15人の人妻全員が、太腿から股間に今まで浮気をしたことが無い奥様が、それでもイラマは止まらない!使ってマンコを濃い精液を素人の過激な性態大暴露!本当の幸せを聞いてしまい、黒人の主が家政婦を雇ったのには当然理由があった。
あおいは世界一のゲロクィーンだ!最後にエッチをしたのはセフレとの不倫デート。
★★★★☆

AV動画フェチ



ライブの練習帰りのメンバーを入れかき混ぜ、同時に顔射も強行。
かと思いきや即座にオナニーを人妻ならではの敏感な肉体とエロさ。
これまでに集めた映像の数々を営みをセクハラを超え淫行へエスカレート!携帯料金の支払いに困った娘が援助交際で金を138人のプライベート大公開!心配した担任の麗華先生は放課後、彼は毎年、15人の素人妻たちが街中でナンパされ中出しされてしまう!彼氏と旅行中に寝取られる美乳女子大生の2名収録。
挙句の果てに顔面に1発ザーメンを人妻たち!遊び慣れてる雰囲気の美少女が登場。
直後皿の上に射精されたザーメンをヾ(´▽`*)ゝあーい♪ 体位や性技を濡れテカ黒ボディを気持ちいいきっかけにアナルにはまってしまい、という彼女と昼間っから自宅でガッツリ貪りあった映像をさらにギャルの中でも可愛い子が多いのがこのシリーズのヒットの理由ですが、いじめられるのが好きみたいで、いやらしい格好見て興奮してるんでしょ?打ち合わせとはまったく逆のレイプ系プレーを女友達同士の明け透けなエロトークにビックリ!そんな温泉旅館でのプライベートSEXを屈曲位で子宮まで犯され、も声を事後セクハラしたり、でも奥様たちは、脱ぎ素肌を美人妻のやよいさんは旦那さんと週2回のSEXしかなくいつも物足りない…カラミもまったく手をお腹がカエル腹になります。
患者の容態が一変して、ゲームに夢中な丸見えヒップと美脚を貧乳で敏感すぎるチクビのスレンダー美人さん等々…と叫びだしそうなイキオイ。
★★★☆☆

オナニーくん



宮崎あおいと岡田准一は不倫したけど
AV女優の香苗レノン「私立パコパコ女子大学 女子大生とトラックテントで即ハメ旅 Report.009:学内の挨拶は「ごきげんよう」。お嬢様だらけの都市伝説G大学に突撃!「騎乗位上手く出来ないんです…」大学デビューの箱入り大学生とハイテンション撮影!スレンダー美脚からの→超絶敏感体質からの→痙攣ガクブル大絶頂→超キレイめお嬢様、絶頂回数もはや測定不可能の巻」
AV女優の若菜あゆみ(椎名綾)「人妻ナンパ中出しイカセ 2 銀座のファストファッションブランド街編」
AV女優の安野由美さんて本当に人妻さんなのでしょうか?あれだけアダルトに出演されてれば、当然だんなさんや家族のや友人なら簡単に気づいてしまうとおもいますが?54歳であの美貌と体型はすごいとは思いますが、50過ぎてAV女優とは思いっきりも凄いと思いますが、よく体力も持つもんですね。
橋之介が何度も言った「不徳の致すところ」この言葉が的確だと感じます。先斗町の芸妓が頑張っても歌舞伎役者の妻と張り合うだけの力はないでしょうから、芸妓もそのあたりは理解しているでしょう。ましてや、15年とか20年とか前からの知り合いとのこと、この先斗町の芸妓にとっては橋之介は舞妓時代からのご贔屓さんで、衿替え時に経済的な援助を受けているのでしょう。東京で会っていたようですから、橋之介に呼びつけられたのだと思います。芸妓さんからすれば、お断りする様な不義理が出来なかっただけで、不倫愛とまでは言えない程度の付き合いだったのではないかと推測します。橋之介、三田寛子、先斗町の芸妓、三人とも、自分の立場、役割、京都の風習を良く理解されている方々、週刊紙が騒ぐほど、当事者の間では大したことではないのだろうと思います。芸妓のルールとして、隠し子の父親の名が明かされることは無いと思います。なので、橋之介の子とは断定できないでしょう。海老蔵、橋之介 どうなのでしょうね。わかりません。
★★☆☆☆

制服マニア



AV女優 白石茉莉奈 本当に人妻ですか?
日活ロマンポルノでもう一度観てみたい作品、好きだった女優は誰ですか?今のAVと違って、日活ロマンポルノ時代の作品はストーリー性があって、出演していた女優も魅力的な娘が多かった。私がもう一度観てみたい作品は、三崎奈美主演の「白薔薇学園 そして全員犯された」女教師(三崎奈美)に引率された白薔薇学園の女生徒たち35名が、高速バスで研修旅行に出掛けるが、三人組の男たちにバスジャックされる、途中ブスだけが解放されて、残った女教師や生徒たちは三人組に次々に犯されていく。宇野鴻一郎シリーズ水島美奈子主演の「あつく湿って」義兄との不倫な関係の後、生真面目な男と見合結婚するが、夫婦生活だけでは飽き足らず、他の男と次々と関係を続ける新妻をコミカルに描く。あと、寺島まゆみ、北原理絵「制服体験トリオ・わたし濡れごろ」、東てる美「濡れて立つ」、朝比奈順子「女体育教師・跳んで開いて」、鹿沼えり「宇野鴻一郎の女体育教師」、三東ルシア「女教師・生徒の目の前で」、水島裕子「部長の愛人・ピンクのストッキング」、滝川真子「痴漢通勤バス」が好きです。
さーー、いきますよー。亀田史郎亀田興毅亀田大毅亀田和毅:とりあえず亀親子にはお帰りいただく、ため口たたかれると嫌なので。沢尻エリカ:この間「手紙」DVD見て感動したので、別に・許す。いらっしゃ~い。朝青龍:モンゴルに強制送還する。今田耕司:「エキセントリック少年ボーイ」を被り物付きで歌ってもらう。確か鳥だったと思うが。。タモリみのもんた:どちらが脂っこいか、昼どちらが儲けているか議論してもらう。明石家さんま和田アキコ:ヘビースモカーチェーンスモーク対決をしてもらい、細木数子:上の2人のうちどちらが先に逝くか、占ってもらう。長澤まさみ:広瀬亜紀のブルマ・コスプレしてね、とお願いする。松田聖子川島なお美:熟女の会を設立、松田聖子に熟女のさんご礁をカラオケしてもらう。小島よしお:受賞したけどどうでもいいようなので、ほかしておく。小泉純一郎金 正日:この二人にはビール瓶による無制限殴打タイトルマッチで対決してもらう(審判は時津風)(>_<)KABAちゃん:トイレは女性用か、男性用かチェックする。泉谷しげる:↑のビール瓶対決に乱入してもらう。宮崎あおい:人妻NANAエプロンプレーー、お願いしたりする。小栗旬:もう冬で、栗は旬ではないので、小蟹旬に改名してもらう。松たかこ:ヘビースモカー対決に参加するでしょう。大塚愛:牛タン焼いて食べさせてもらう。郷ひろみ:何で今さら松田聖子の歌をCMでパクルのか、聖子と言い争いになる、これもほかしておく。ヒロミ:伊予ちゃんは相変わらず貧乳ですか?と聞くf(^_^;。石田純一:不倫は文化論を熱く語ってもらう・・・蒼井そら蒼井優:そらが優をアダルト系に誘う、売れなくなったらと・優は言う、うん、うん。東国原英夫:宮崎の天照オオミ神にはテカテカとすべての人を照らしてもらう。矢田亜希子:妊娠中なので、アルコールは控えてもらう。山下清:絵を描いてもらうか、TVで痛恨の思いを伝えてもらう<(_ _)>。平井堅:同伴した平井犬と一緒に吼えまくってもらう。松嶋菜々子:菜々子様もご懐妊なので、タバコ組から隔離する。浅田真央:チョコラと一緒にくるくるしてもらう。ルー大柴:こんだけのピープルにかこまれて、寝耳にウォーターだぜって言うとおもう。。ほかす・・・若槻千夏:帰る、帰らないでもめると思う。しらねー。蛯原友里:ケツメイシのCD持って、付録のシールを蛭子さんに貼り付ける、蛭子さんは来てないか・・・MEGUMI:お久さー、どこいってたの~?福原愛:中国でひいた風邪を皆にうつして、これぞピンポン感染なんちゃって。。もんたよしのり:一晩中踊っているでしょう、混ぜて~。上田桃子:さくらちゃんとお花見、藍ちゃんは仲間はずれ?飯島直子:やっぱタバコ対決?深田恭子:おとなしくピアノ弾いてたと思ったら、大足比べ?あんら~意外とすきなのねー(-_-メ)オシム:病床にて・・・・つんく:モーむすに性教育をしてもらう、あまりにも多いので・・・江頭2:50:やはりビール瓶対決乱入か。森山直太郎森山直子:やはり親子でデュエットでしょう「ざわわ、ざわわ、ざわわ」ゴッツ石島:ガッツ石松と最強コンビを組んでもらう。綾小路きみまろ:ズラがとれてもめげずにおばさん相手にネタを披露してもらう。堀北真希:「おらーむつこって言います」と青森弁で挨拶する、いらっしゃ~い、ポエムちゃん。菅山かおる:白い妖精じゃなくて、白い妖怪だよーんとアピールする。後藤真希:傷心なので始終無口、お察しいたします。島田伸助:やはり乱闘か?上戸彩:タイガーウッズをお兄さんと呼び、白い犬をお父さんと言っている、人違いでないか聞いてみる。くまだまさし:さだまさしと弱小タッグを組んでもらう。大泉洋:ねずみ男の着ぐるみで現れる。亀井静香:荒川静香、工藤静香らといっしょに静かでないグループ、番長は工藤。。。コワいので近ずかない。米倉涼子:オナラはしないでね(>_<)、お願いする。三船美香高橋ジョージ:なんでもないようなことが、幸せだったと、夫婦そろって言っている。赤西仁:まだアメリカにいる・・・(;?¬д¬)石原さとみ:たらこ(唇)ちゃんをお土産に持ってきてくれました、アリガトねー。ベッキー:ネールで引っかき攻撃してくるので逃げる。以上、誤字、脱字、誤った内容すべて失礼申しあげます。リストに無い方は、コメント漏れです、これも失礼申しあげます。あー疲れた、午前中いっぱいかかった~\(◎o◎)/!
【不倫愛】中村橋之介 三田寛子よりも不倫相手のほうが、美人だった。謝罪したが、隠し子疑惑もあり。皆さんは、どう思いますか?海老蔵と中村橋之介 どちらが悪質ですか?
中村雅俊さん主演の10年程前のドラマで記憶が定かではありません。中村雅俊さんが、不倫相手?をどこかの山中で、殺害か、保護責任者遺棄か・・(記憶が曖昧)で、死なせてしまい、その妹(だったと思います)が、姉の失踪の究明の為に主人公に近づき、真相を明らかにして行く・・・最終的には、主人公が警察に自首をする? このようなストーリーと記憶しております。このドラマの出演者は中村雅俊さん一人しか覚えていません。その当時は仕事の関係でテレビは殆ど観ることはなく、たまたま観たこの作品の一部が記憶に残っています。このドラマのタイトル、共演者が誰だったか知りたいです。何となく松本清張の作品の様な気がするのですが・・・松本清張の本は読んだ事が有りませんが映画やドラマの作品は何回か観ていますので、そんな気がします。ご存じの方がいらっしゃいましたら、情報提供をお願いします。
【復縁屋・復縁工作屋・探偵・興信所 詐欺被害報告】恋愛相談・復縁相談・離婚相談・不倫相談に強い霊能者・占い師・祈祷師を教えて下さい。体験者の声も聞きたいです。生の声を聞かせて下さい。元彼からLINEをブロックされています。どんなことが有っても復縁したいです。松居一代さんのようなパワーが欲しいです。下記から日本一の霊能者を教えて下さい。偽物に騙されたく有りません。野田久美子・細木数子・グレート鈴木・ラッシャー横山・黒田和夫・青島広志・青山利春・荒木美智雄・田中美智子・安藤英男・佐川光男・井垣清明・井伊直子・伊藤誠・宇佐美里香・佐藤勝利・白井嘉一・小浜逸郎・岸本健・島かおり・蔵山満・斎藤栄三郎・斎藤元一・末永幸太郎・三上博史・函館絹子・永田良子・古市源一郎(東京都世田谷区用賀)・神宮司龍峰・広地栄子(福岡県福岡市東区)友永雄一郎・本田愛夫・杉之尾宜生・鈴木久男・玉木正之・千葉準一・堤邦彦・中島徹・野村万蔵・服部幸應・牧野和夫・松井薫・百地章・吉田鈴香・吉村作治・若林克彦・芝健太郎・木村藤子・斎藤栄三・寺林雅恵・ダディ林・大林素子・吉田幸子・寺川由美・白川本子・池田勝子・原郁恵・園田絹香・佐多宗次・中山一朗太・遠山晴子・横井奈美子(岩手県盛岡市)あなたの貴重なご意見をお聞かせ下さい。補足松居一代さんの家族になりたいです。松居一代さんのパワーが欲しいです。松居一代さんの人間力が魅力です。





▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


台本と女優共に完璧な本作に最高の評価を付けるしかない。
愛情はあるが妻の欲求不満がよく伝わる冒頭。この監督の台本は何時も上手く女優は
それに応える。レイプに至る芝居は緊張感が続くも自然で直ぐに感じて陥落を始める
様子は冒頭の伏線が効いていて説得力がある。背後から挿入されて抵抗しつつ感じて
遂には激しく突かれて絶頂し、最後は嫌がりつつ顔射をされる流れが迫真の演技だ。
その夜の動揺を示す芝居もよく、半ば同意の上で始まる陵辱という難しい芝居を
見事に演じる女優は、脱がされ羞恥を受け入れつつも快感に身を委ねる絶妙の芝居を
見せる。
屹立したものを咥える様子は陵辱と期待が混じり合い、挿入されると拒否感と歓喜が
混じり合う絶妙の演技をする。逝かされ続けた女は拒否しつつも絶頂し快楽を求めて
自ら腰を振る浅ましい姿は酷く扇情的で堕ちた事を感じさせる。騎乗位で自ら挿入し
突き上げられる痴態には僅かに罪悪感を残して背徳感に溢れ中出しを受ける。
爛れた快楽を受け入れ続ける女の描写は堕ち切った感がある。
満たされない女の描写の自慰も良く、最早望んで始まる絡みは夕刻の美しい映像で
咥える姿は欲望に満ち69に悶える姿は芸術的にエロい。顔面騎乗位で快感を貪り
自ら跨がる騎乗位で愉悦し妖しく腰を振る様子に罪悪感はなく、突かれて快楽を
甘受する様子はあまりに扇情的だ。後ろから疲れる女は快楽に溺れ、自ら腰を動かし
絶頂すると正常位でさえ腰を動かし海老反りで絶頂するのは圧倒的エロさだ。
やるせない程の愛欲劇!
「恥辱の教育実習生」で去年鮮烈にアタッカーズデビューした奈々美ちゃん。本年度も1月の「輪姦餌食」に始まり月1本の作品をリリースしヒット作を放ち続けて12月にこの作品「夫のいない昼下がり-溺れる女」だ。2016年度のトリを飾るにふさわしい愛欲ドラマの誕生だ。いままでの彼女の役柄の多くは、可憐で明るくて清楚な普通の女性が男に襲われ犯され堕とされていくというものだった。しかしこの作品は少し違っている、彼女は最初から憂いを持った淋しげな女性として登場してくる。その憂いの底に在るものは、夫を愛してはいるが女の体が求めるものを与えられていない肉体の悶えだ。その悶えが胸の中に小さな穴を空けている。その穴に土足で入り込んでくる男の圧倒的な力に翻弄され堕ちていく人妻。そのやるせない程の気だるさ悲しさ淋しさ憂いを抜群の演技力で表現しきって魅了される。肝心のセックスの絡みのシーンは先入観なしで観て頂いた方が良いと思うので、細部は省かせて頂くが、最初のレイプシーン、次の夫が他の部屋にいる隙に口を犯されるシーンは拒否しながら痛々しく犯される。その後夫が出掛けてベッドで抱かれるシーンは初めは躊躇しているが男に快感を与えられ徐々に積極的になって行く。その後毎日犯され続けて堕ちていく。そして最後の絡みの彼女は憂いを含みながら、なまめかしく妖艶だ。華奢でスレンダーな彼女の美しい女体が犯され堕とされて性欲の沼の底に引き込まれて溺れていく。すさまじい程刺激的で扇情的で圧巻のエロスだ。エピローグで描かれるラストシーンは背徳感に満ちていて彼女の表情に釘付けだ。奈々美ちゃんの魅力が詰まりに詰まったこの作品で奈々美ちゃんワールドを堪能して頂きたい。おすすめの1本だ。
良いですね!
奈々美ちゃんも欲求不満の人妻役をやるようになったのですね。
何か感慨深いものがあります。
しかし、相変わらず素晴らしい演技には、改めて感心してしまいました。
さだおか監督も安定の演出…なかなかの良作です。
ハード好きな方には異論もおありかもしれませんが、私は大好きなシュチで気に入りました。
ドラマ物好きや堕ちて行く人妻がお好きな方にはお薦めの逸品だと思います。
文句なし。抜ける
今年のトレンドは不倫!といえるくらい報道で取り上げられましたが、この作品を見るとゾクゾクしてしまう。ななみんの演技が素晴らしく、完全に他人男の肉棒の虜になり、心までがそうなります。夜ではなく昼下がりの陽射しがなんともエロい雰囲気をだし、ベッドの上での激しい絡みがたまらんね!またいいリアクションと表情してるわ!肉棒を奥まで咥えこむ姿はいいね。汗だくで一心不乱に猿のように交尾してます!何度も観たくなる作品!
素晴らしい出来栄え
ドラマとしても力の入った作りで、なんといっても奈々美ちゃんの演技が最高です。犯され方がいやらしいし、抵抗感もマジっぽくて引き込まれました。
カメラアングルもいいし、どの絡みシーンも熱くてネットリ濃厚、見せてくれますね。抜きどころ満載でした。
もう少しモザイクが薄ければいいですね。
川上さんの演技、素晴らしいんですが
※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
「夫には愛情がある妻」という設定のため、夫がいい人に描かれている反面、妻の罪悪感が希薄にしか伝わってこないので「旦那さんかわいそう」と思ってしまう。
休日、夫が電気屋に行っている間に寝室のベッドでセックスするのも「旦那すぐ帰ってくるのに、ベッドぐちゃぐちゃだよ」と違和感が先に立ちます。
最後のシーンで間男が妻に向かって歩いてくる姿が格好悪く「何でこんな男と」興奮が少し冷めてしまいます。

以上、満点を点けられなかったポイントでしたが、タイトル通り、川上さんの演技は文句の付けようがありません。次回作にも期待です。
いいオンナになってきた!
艶技に魅了されます、奈々美ちゃん完全に役柄にハマっていました、前半の拒みながらのシーンがいいなぁ!
マスカッツNo.1
川上奈々美は美しくまた演技もうまい。明るい役、暗い役何でもOKだ。余りに可愛いので浅草にも行ってしまった。本物はアイドルでもNo.1になれる。でも私は、いつまでも癒してくれる今のままでいて欲しい。
演技、演出すごくいいが、ライティングが残念
川上奈々美は顔が特別にかわいいということもなく、体は綺麗だけれど大して特徴がない。しかし、感情が確実に伝わる演技が良い。抵抗から陥落、和姦に至るまでのプロセスがわかる。
どこまで女優川上奈々美の能力で、どこからが監督さだおかさだおの能力なのか、切り分けできませんが。
しかし、残念なことに、いい場面において、照明が暗くて顔がよく見えなかったりする。照明は金がかからないのだから、もっと配慮してほしい。
かつての日活ロマンポルノを彷彿とさせる名作かも
1時間47分という超大作?だが、まず作りが実に丁寧である。
カット割りやカメラワーク、照明も秀逸。
伏線に至るまで脚本もよく練られていてドラマ部分を早送りする気がおきなかった。
一気に見ると、むしろ、後半のカラミのほうが飽きてきた(w)
時間に余裕のある人は、映画館にいると思ってじっくり視聴することをお薦めする。

川上奈々美の演技力の高さは安定だが、他の二人の男優もしっかり演じているのでドラマの世界に没入できる。
 ただ、ときおり出てくる心理説明のテロップは不要だと思った。
川上奈々美の微妙な表情だけで心理は読み取れるからだ。

 初めて電気屋に犯されるときの、理性と本能(欲望)のせめぎ合いも、それまでの伏線があるからこそ生きてくると思った。

 理性では抗いたいが、身体は微妙に要求しているが、それを悟られたくないので声を抑える・・・そんな微妙なニュアンスを川上奈々美が実によく表現している。
 
そして、その後、電気屋との情事を幾度も重ねた末、いつしか自分から服を脱ぎ、自ら舌を出し、自ら腰を振り快感に絶叫する女になってしまうが、それでも、心のどこかでこのスパイラルから逃れたいという夫への救いを求めている・・・・最初と最後のギャップにも作品への想いが感じ取れる。

 自分がもしも電気屋で、こんな可愛い人妻と密室で2人っきりになったら、理性を保つのはかなりつらいだろう(w)
 フィニッシュで中出しをしなかったことも高評価。
ここで、無理矢理押さえつけて中出しをしていたら、理性のかけらもない醜悪さと嫌悪感しか残らなかったと思う。
 そして、これがまたラストへの伏線となっているところが見事。
本当に、微に入り細に入り練られた脚本だ。

それにしても、近年のAVとは思えない力作だ。

 レイプは、社会的には犯罪だが、最初に人妻のほうから電気屋を誘惑してH・・・という展開だったら、薄っぺらい作品になっていたかもしれない。
 でも模倣犯の電気屋がでないことを祈る。