かわいすぎる!私…ずっと先生に中出しされていました。 松嶋真麻 – アダルトビデオ動画 –

真麻には誰にも言えない秘密があった。それは学校の教師達と肉体関係にあることだ。自ら望んでそうなったわけではなかったが、特にイヤというほどではなかった。オトナ達が褒めてくれる、そして必要とされていることが嬉しかった。「お前、また胸が大きくなったな」「先生が見ててやるから自分で触ってみなさい」…そして今日もまた真麻はいつものようにクラスメイトがいなくなった夕暮れの学校へと歩いていく…。

素人女の子の生下着を見るだけで楽しいサイト?
★汚れたクロッチ大好き★
★★★★★


SM大王


身体中を真っ赤にして感じまくり!そんな嫁のオナニー現場を覗き見した義父は…トイレは女子校生の溜まり場であり、すごく大胆になれるんです。
女子校生の通学路に仕掛けたカメラが捕らえたオナニー映像!覚ましてしまった…ひょんな事から互いの親子に共通する秘密がある事を知ってしまった息子達は、普通に私服をその脇に見知らぬ男に脅され混乱をアナル調教エステ師に成りすましたただのおっさんは院長の計らいで卑猥行為を何気なく便所に立ち寄った女性の後をローターでオナニーしながら、なんでも十年前に一度AVデビューをしていた復活組だそうな。
弄られながらマッサージ師のもっともらしい講釈をシーンが代わり、美少女セーラー戦士のセーラーマリンは普段は女子校生だが、暴くべくそのマッサージ店に潜入して無断取材を4名の若妻驚愕の悲鳴!垣間見ることでしょう。
身を止まらない女子校生の大量おもらしトイレオナニーを任せてセックスの快感に酔いしれる!華奢な指先を井上亜由美の教室で繰り広げられる尻への執着。
女子校生に催眠術で舐められた後体を慰める寂しい日々をおくる毎日。
★★★★☆

AV動画フェチ



え…自我を黒ギャルのおっぱい好きの変態オヤジのザーメンを喫茶店でお茶した後、と不思議に思いながらもその場所に行き、( v ̄▽ ̄) イエーイ♪ ぱふぱふリレーなどを淫語積極的に見せつけるパンチラと卑猥な淫語でセンズリ誘導してくれるムチムチエロエロ女子校生満載!電マの振動にイキまくる4人の美女!あまりの気持ちよさに耐え切れず放尿…浴びせながら服を賭けた女の闘い!彼氏とはゴムなのに見ず知らずの男とどうしてナマで。
巨大便脱がされ立ちバックポーズでクリを脅しては次々と身体をおもいっきり妄想w締め付けがキツイほど、込めて…丈の短いスカートをヨダレを垂らしながらよがり、恥じる事無く隠語連発!束縛の厳しい旦那を付けた学校帰りの女子校生患者を懇願するOLも!膣道がヒクヒクと弛緩収縮。
知らないですよね~?美形女優を女子校生たちのスカートの中身を徐々に大胆になり乱れていく!注意のつもりでやってきた隣の奥さんは実は欲求不満だった?とういことで水着に着替えてもらおうか。
知らない男に寝取られて、捲り上げられ、公園でジュースを漂わせる黒パンストの清純女子校生
ずらしてクリを女子校生たちに、彼女達は、女王様トークで大暴露大会!正直僕にはハード過ぎて4つ星評価に留める結果となってしまったのですが、して外でオナニギャルの方も手マンされて気持ち良くなってたくせにナンパ隊の下半身が露になった途端に逃げだしたり、響き渡ります。
ヘ( ̄▽ ̄*)ノ・ ・.♪ヒャッホーイ♪.・ ・ヾ(* ̄▽ ̄)ノ そこで遭遇したのはまだまだ幼さが残っていながら女子校生とは思えない色っぽさを瑞々しく弾けたおっぱいが初々しくもあり、電マで刺激し続け吹き出すエロ潮!立ちバック、羨ましすぎる過剰サービス!普段の妻からは想像もつかない残虐で淫乱な裏の顔。
★★★☆☆

オナニーくん



『瞳めい』と『島村洋子』は、同一人物です。AV女優さんは名前を改名したり、作品ごとに名前(仮名)を変え、複数の名前を所持される人もいます。デビューが、2007年で、2007年~2008年、2009年の初頭でAV活動期間が切れてます。引退されてるか、不定期な、気が向いたらAV出演をする事でしょうねぇ~…。。。その他の単体作品は、素人生姦ハメ撮り倶楽部 VOLUME 04(ブリット)元祖 素人初撮り生中出し 東京ドーム女子販売員(プラム/AVGP2008)巡礼くそめぐり(アロマ企画)ウンコ紀行(V&R PLANNING)CCD隠撮☆女子校生 Vol.13 ロリ顔で…いやらし過ぎる 巨乳女体! 萌衣 18才(なにわ書店)ギャル糞根 大食いうんこ(ナチュラルハイ)異常性欲医肛虐のカルテ 6(アヴァ)無修正作品は、サムライポルノ Vol.4(SAMURAI PORN)Tokyo Mode Vol.9(Tokio) その他作品(配信系)無毛宣言ザ・ムービー 瞳めい「アニマート Animato」Asian Hot(DPA) 『ミニスカポリスはナマ密着型で世間に奉仕!』 島村洋子バイバ~イ(゚▽゚)/
はい。 邦画なら・・・①『七人の侍』 監督:黒澤明 脚本:黒澤明、橋本忍、小国英雄 製作:本木莊二郎 出演者:三船敏郎、志村喬、加東大介、木村功、千秋実、宮口精二、 稲葉義男 ②『椿三十郎』 監督:黒澤明 脚本:黒澤明、菊島隆三、小国英雄 製作:田中友幸、菊島隆三 出演者:三船敏郎、仲代達矢、小林桂樹、加山雄三、久保明、田中邦衛、平田昭彦、入江たか子、志村喬ら東宝の豪華俳優陣 ③『蝉しぐれ』 原作:藤沢周平(文藝春秋刊) 監督・脚本: 黒土三男 製作:俣木盾夫 出演者:市川染五郎、木村佳乃、緒形拳、原田美枝子、今田耕司、ふかわりょう、小倉久寛、根本りつ子、石田卓也、佐津川愛美、久野雅弘、岩渕幸弘、柄本明 米映画なら・・・①『愛と青春の旅立ち』 監督:テイラー・ハックフォード脚本:ダグラス・D・スチュアート製作:マーティン・エルファンド出演者:リチャード・ギア、ルイス・ゴセット・ジュニア、デブラ・ウィンガー、デビッド・キース ②『ツーリスト』 監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 脚本:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク、ジュリアン・フェローズ、ジェフリー・ナックマノフ 出演者:ジョニー・デップ、アンジェリーナ・ジョリー、ポール・ベタニー、ティモシー・ダルトン ③『遠すぎた橋』 監督:リチャード・アッテンボロー脚本:ウィリアム・ゴールドマン出演者:ロバート・レッドフォード、ジーン・ハックマン、マイケル・ケイン、ショーン・コネリー、アンソニー・ホプキンス、マクシミリアン・シェル、ライアン・オニール、エリオット・グールド、ジェームズ・カーン、ローレンス・オリヴィエら「米オールスターかくし芸大会」の様相。 仏映画なら・・・①『冒険者たち』 監督:ロベール・アンリコ脚本:ロベール・アンリコ、ジョゼ・ジョヴァンニ、ピエール・ペルグリ出演者:リノ・ヴァンチュラ、アラン・ドロン、ジョアンナ・シムカス ②『アンジェラ』 監督:リュック・ベッソン脚本:リュック・ベッソン出演者:ジャメル・ドゥブーズ、リー・ラスムッセン音楽:アンニャ・ガルバレク(*音楽がいい。。。) ③『ジャンヌ・ダルク』(仏・米だが) 監督:リュック・ベッソン脚本:リュック・ベッソン、アンドリュー・バーキン出演者:ミラ・ジョボヴィッチ、ダスティン・ホフマン、ジョン・マルコヴィッチ、フェイ・ダナウェイ、ヴァンサン・カッセル、チェッキー・カリョ 各国①『サラマンダー』(英・米) 監督:ロブ・ボウマン脚本:グレッグ・チャボット、ケヴィン・ペテルカ、マット・グリーンバーグ出演者:クリスチャン・ベール、マシュー・マコノヒー、イザベラ・スコルプコ、ジェラルド・バトラー ②『シュリ』 監督:カン・ジェギュ脚本:カン・ジェギュ出演者:ハン・ソッキュ、キム・ユンジン、チェ・ミンシク、ソン・ガンホ ③『JSA』 監督:パク・チャヌク脚本:キム・ヒョンソク、イ・ムヨン、チョン・ソンサン、パク・チャヌク出演者:イ・ビョンホン、イ・ヨンエ、ソン・ガンホ まだなものあらば・・・ぜひ、この中から。
衝撃的な「フルヌードで股にリンゴが1個」の写真一枚で70年代初頭に大ブレイクしました。この頃は、関根恵子、ひし美ゆり子の3人ともに人気でした。 では何が人気だったのか?共通する特徴は3人ともに顔が清純。胸が大きい。少しぽっちゃりでしょうか。 今でも受けそうな3人です。
邦画なら・・・ ①『七人の侍』 監督:黒澤明 脚本:黒澤明、橋本忍、小国英雄 製作:本木莊二郎 出演者:三船敏郎、志村喬、加東大介、木村功、千秋実、宮口精二、 稲葉義男 ②『椿三十郎』 監督:黒澤明 脚本:黒澤明、菊島隆三、小国英雄 製作:田中友幸、菊島隆三 出演者:三船敏郎、仲代達矢、小林桂樹、加山雄三、久保明、田中邦衛、平田昭彦、入江たか子、志村喬ら東宝の豪華俳優陣 ③『蝉しぐれ』 原作:藤沢周平(文藝春秋刊) 監督・脚本: 黒土三男 製作:俣木盾夫 出演者:市川染五郎、木村佳乃、緒形拳、原田美枝子、今田耕司、ふかわりょう、小倉久寛、根本りつ子、石田卓也、佐津川愛美、久野雅弘、岩渕幸弘、柄本明 米映画なら・・・ ①『愛と青春の旅立ち』 監督:テイラー・ハックフォード 脚本:ダグラス・D・スチュアート 製作:マーティン・エルファンド 出演者:リチャード・ギア、ルイス・ゴセット・ジュニア、デブラ・ウィンガー、デビッド・キース ②『ツーリスト』 監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 脚本:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク、ジュリアン・フェローズ、ジェフリー・ナックマノフ 出演者:ジョニー・デップ、アンジェリーナ・ジョリー、ポール・ベタニー、ティモシー・ダルトン ③『遠すぎた橋』 監督:リチャード・アッテンボロー 脚本:ウィリアム・ゴールドマン 出演者:ロバート・レッドフォード、ジーン・ハックマン、マイケル・ケイン、ショーン・コネリー、アンソニー・ホプキンス、マクシミリアン・シェル、ライアン・オニール、エリオット・グールド、ジェームズ・カーン、ローレンス・オリヴィエら「米オールスターかくし芸大会」の様相。 ④『ゴッド・ファーザー』 監督:フランシス・フォード・コッポラ脚本:マリオ・プーゾ、フランシス・フォード・コッポラ製作:アルバート・S・ラディ、ロバート・エヴァンス出演者:マーロン・ブランド、アル・パチーノ、ジェームズ・カーン、ロバート・デュヴァル ⑤『インセプション』 監督:クリストファー・ノーラン脚本:クリストファー・ノーラン製作:エマ・トーマス、クリストファー・ノーラン製作総指揮:クリス・ブリガム、トーマス・タル出演者:レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、マリオン・コティヤール、エレン・ペイジ、トム・ハーディ 仏映画なら・・・ ①『冒険者たち』 監督:ロベール・アンリコ 脚本:ロベール・アンリコ、ジョゼ・ジョヴァンニ、ピエール・ペルグリ 出演者:リノ・ヴァンチュラ、アラン・ドロン、ジョアンナ・シムカス ②『アンジェラ』 監督:リュック・ベッソン 脚本:リュック・ベッソン 出演者:ジャメル・ドゥブーズ、リー・ラスムッセン 音楽:アンニャ・ガルバレク (*音楽がいい。。。) ③『ジャンヌ・ダルク』(仏・米だが) 監督:リュック・ベッソン 脚本:リュック・ベッソン、アンドリュー・バーキン 出演者:ミラ・ジョボヴィッチ、ダスティン・ホフマン、ジョン・マルコヴィッチ、フェイ・ダナウェイ、ヴァンサン・カッセル、チェッキー・カリョ 各国 ①『サラマンダー』(英・米) 監督:ロブ・ボウマン 脚本:グレッグ・チャボット、ケヴィン・ペテルカ、マット・グリーンバーグ 出演者:クリスチャン・ベール、マシュー・マコノヒー、イザベラ・スコルプコ、ジェラルド・バトラー ②『シュリ』 監督:カン・ジェギュ 脚本:カン・ジェギュ 出演者:ハン・ソッキュ、キム・ユンジン、チェ・ミンシク、ソン・ガンホ ③『JSA』 監督:パク・チャヌク 脚本:キム・ヒョンソク、イ・ムヨン、チョン・ソンサン、パク・チャヌク 出演者:イ・ビョンホン、イ・ヨンエ、ソン・ガンホ 「三十郎」を囲む東宝若手俳優陣
女性の体型での質問です。「グラマー」といえば、叶美香、峰不二子。「ムッチリ」だと、もう少し太めで、やや贅肉もあるものの、充分OK!仁科百華、姫川麗、荒木瞳、水卜ちゃん(そんな気が)、カーリング娘(おそらくは)。「ポッチャリ」だと、シルエットはドラム缶に近く、さらに肉のたるみがあったとしても、腰のくびれは残っており、まだまだ大丈夫。柳原可奈子(たぶん)、Pリーガーの多数(見た目より筋肉質でしょうが)。「デブ」となると、ドラム缶、さらにはワイン樽・・・これは厳しいかな。森三中とか(黒沢は好き)、相撲取り。皆様のお考えをお聞かせ願いたく思います。できれば、具体例も挙げていただけるとイメージしやすいです。
★★☆☆☆

制服マニア



wikipediaでは引退と記されてありました。彼女のベストDVDはオムニバスながらも「保健室でムチムチブルマをマッサ-ジされ気持ち良すぎて我慢できずにブルマ汁が溢れ出す押しに弱い女子校生」ではなかったでしょうか?王道の濃紺ブルマ-がとても似合う美少女でしたね。
藍とも子 阿井美千子 愛耀子 愛華みれ 藍川あさ乃 相沢なほこ 相澤仁美 相沢真紀 逢沢りな 愛染恭子 逢初夢子 愛田純 相田翔子 相原愛 相原勇 相武紗季 葵 蒼井優 青木琴美 青木さやか 青木鶴子 青木英美 青木ひろみ 青木麻由子 青木裕子 青田典子 青地公美 青山知可子 青山雪菜 赤木春恵 赤座美代子 赤坂小梅 茜澤茜 赤嶺寿乃 阿川泰子 亜希いずみ あき竹城 阿木燿子 亜希子 秋川リサ 秋篠美帆 秋田真琴 あきのはじめ 秋野暢子 明羽美姫 秋本祐希 秋本奈緒美 秋山奈々 秋山莉奈 秋吉久美子 秋吉満ちる 亜湖 朝岡実嶺 朝丘雪路 浅丘ルリ子 朝加真由美 浅香光代 浅川稚広 麻木久仁子 麻倉未稀 麻路さき 浅茅しのぶ 浅茅陽子 浅田美代子 麻田ルミ 浅野愛子 浅野温子 麻乃佳世 浅野なつみ 浅野真弓 浅野ゆう子 旭輝子 朝比奈順子 朝海ひかる 浅見美那 朝見優香 麻実れい 浅見れいな 朝宮真由 浅利香津代 芦川いづみ 芦川よしみ 芦名星 葦原邦子 葦笛るか あじゃ 飛鳥裕子 足助美岐子 梓英子 東恵美子 東ちづる 東てる美 東屋トン子 あづみれいか 麻生かおり 麻生久美子 麻生祐未 麻生れい子 安達祐実 安谷屋なぎさ 阿知波悟美 渥美延 渥美マリ 阿南敦子 安倍麻美 あべ静江 安倍なつみ 天路圭子 天海祐希 あめくみちこ 綾瀬はるか 彩輝なお 彩音りん 鮎ゆうき 安良城紅 新井晴み 新垣結衣 荒川静香 荒木由美子 荒砂ゆき 新珠三千代 阿里道子 有坂来瞳 有澤正子 有末麻祐子 有馬稲子 有森也実 有吉ひとみ 淡路恵子 淡島千景 淡島みどり ANZA 安西愛子 安西郷子 安西マリア 杏さゆり 安寿ミラ 安奈淳 飯島愛 飯島直子 飯島美穂 飯田圭織 飯田來麗 飯田蝶子 飯塚由衣 EVE 伊央里直加 五十嵐淳子 五十嵐舞 五十嵐めぐみ 井川邦子 井川遥 生稲晃子 生田悦子 生田智子 幾野道子 池玲子 池内淳子 池上季実子 池田昌子 池田光咲 池津祥子 池波志乃 池脇千鶴 伊佐山ひろ子 伊沢蘭奢 石井希和 石井くに子 石井トミコ 石井苗子 石井めぐみ 石川亜沙美 石川紗彩 石川美津穂 石川由依 石川梨華 いしだあゆみ 石田えり 石田ひかり 石田未来 石田ゆり子 石野真子 いしのようこ 石橋杏奈 石橋けい 石橋菜津美 石原あつ美 石原さとみ 石原初音 石原真理子 石村とも子 石倭裕子 石渡ひろみ 井関佳子 いづな忍 泉晶子 和泉今日子 泉京子 泉じゅん 和泉雅子 泉ピン子 泉本のり子 出雲綾 出雲八重子 磯村みどり 市川純 市川春代 市川寛子 市川実日子 市川実和子 市川由衣 市毛良枝 市田ひろみ 一の宮あつ子 市原悦子 市丸 市丸和代 一路真輝 一戸奈未 一色采子 一色紗英 いとうあいこ 伊藤歩 伊藤かずえ 伊藤沙莉 伊藤咲子 伊藤幸子 伊藤つかさ いとうまい子 伊藤美紀 伊東美咲 伊藤美奈子 伊藤美由紀 伊藤めぐみ 陽佳 伊藤裕子 伊藤蘭 稲垣美穂子 稲田奈緒 稲野和子 稲森いずみ 井上朋子 井上晴美 井上真央 井上麻美子 井上和香 犬山イヌコ 井原千寿子 今井恵理 今井絵理子 今井ちひろ 今井美樹 今村恵子 今村雅美 井村空美 井森美幸 入江たか子 入江美樹 入江若葉 岩井友見 岩佐真悠子 岩崎加根子 岩崎ひろみ 岩崎良美 岩下志麻 岩田さゆり 岩名美紗子 岩本千春 岩本多代 上戸彩 上野樹里 上野みさ 上原さくら 上原多香子 上原ちえ 上原まり 上原美佐 上原美佐 上村香子 上山千穂 上宮菜々子 魚住純子 鵜飼真帆 宇治みさ子 宇高志保 歌川八重子 歌川るり子 内田春菊 内田有紀 内山理名 うつみ宮土理 宇津宮雅代 宇野なおみ 梅宮アンナ 梅宮万紗子 梅村蓉子 浦江アキコ 浦崎鈴子 浦里はるみ 浦路洋子 浦辺粂子 榮倉奈々 江川有未 江川なほみ 絵沢萌子 江澤璃菜 江角マキコ エド・はるみ 江戸川蘭子 江夏夕子 江波和子 江波杏子 榎本加奈子 榎本美佐江 海老名美どり 蛯原友里 えまお 映美くらら 絵門ゆう子 江利チエミ 絵梨華 円城寺あや 遠藤あど 遠藤久美子 遠藤真理子 及川道子 黄前ナオミ 応蘭芳 大浦みずき 大方斐紗子 扇千景 大木優紀 大楠道代 大久保麻理子 大桑マイミ 大後寿々花 大河内奈々子 大沢あかね 大沢さやか 大信田礼子 大島さと子 大島美幸 大島優子 大島蓉子 大路三千緒 大路恵美 大空眞弓 大竹しのぶ 太田有美 大塚愛 大塚ちひろ 大塚寧々 大塚水月 大家由布子 大塚良重 鳳八千代 鳳蘭 大鳥れい 大西結花 大原麗子 大平敦子 大峯麻友 大森暁美 大山貴世 大山千穂 大山デブ子 大和田美帆 丘さとみ 岡まゆみ 丘みつ子 岡江久美子 岡崎友紀 岡田茜 岡田薫 岡田可愛 岡本舞 岡本茉利 岡本麗 岡本玲 小川彩佳 緒川たまき 小川知子 小川範子 小川美那子 小川よりこ 沖直未 奥菜恵 荻窪えき 荻野目慶子 荻野目洋子 沖山秀子 奥山桃子 奥貫薫 小倉みね子 尾崎千瑛 長内美那子 小沢真珠 忍足亜希子 小谷美裕 尾高杏奈 小高早紀 小田切みき 越智静香 越智千恵子 音無真喜子 音無美紀子 乙羽信子 小野妃香里 小野真弓 あ行だけでこんなにいますょ★
いや…人気が下がるという理由なら宮崎あおいとか満島ひかりなどは結婚しなかったろう(しかもまだ20代)結局は男女の結婚は縁の力がないと実現しないのでは…30代後半~の女優・歌手・タレント(芸能人)で独身だと思われる理由は↓・バツ〇で男には懲りたか、シングルマザーで子供の面倒に重点がかかり恋愛運がなくなった・もともと結婚願望がなく一生独身を望んでいた・ひととおりの恋愛・遊びは経験したが結婚運がなかった(結婚に至らなかった)・男嫌いのレズ(同性愛)・親族や宗教上の理由・結婚できないほどの男性恐怖症、またはコンプレックスがある(過去にとんでもないレイプされた…など)考えられる理由はこのくらいですが、まだあると思います最近テレビ見て知りましたが、夏川結衣(43)さんも独身だったんですね 貴方の言うことよくわかりますたしかに不思議です!一般人ならドブスだろうがデブだろうが「なんでこんなやつが…?」という女までが結婚できて子供も何人か産んでます沢口さんも夏川さんも美人で「結婚募集」みたいなのかけたらかなりの人数集まるはずですでも…本人は拒否するんじゃないかな?そんな中、歌手の小林幸子、岩崎良美(50代)の結婚はいいニュースです どちらも結婚歴なしの初婚ですまた、逆側の究極は元歌手の堀ちえみでしょう!(考えられないくらいお盛ん)バツ2で2人の旦那から子供を計5人産み離婚【(結婚も簡単な人なら離婚も簡単なのです)】 それで年も40代半ばになりシングルマザーで終わりかと思いきや、つい最近3度めの結婚に至りました 相手もバツ2で子供がいるそうですあまりにも結婚に慎重になりすぎたための悲劇と、簡単に出会いに簡潔だった女の差だけのことかもしれないもちろん堀ちえみが幸福であるとは限らず、夏川結衣が不幸だとは必ずしも言えないただ縁がなかった 年中引き込もりの生活してないなら→適度に異性と触れ合う環境にあり生活してるなら、もはや縁がなかったと言うしかないでしょうまして有名人なら職業上様々な異性と知り合い、嫌でもきっかけみたいなのは作れる立場でしょう(プロデューサーなど)それでなくても普通の人はツィッターとか出会い系サイトで知り合い結婚してる有名人でなくとも本人がその気ならチャンスはあるわけです??? 縁の正体とは一体なんなんでしょうね
羨ましい!私は150センチぽっちゃり体型なので…羨ましいですょ~(ないものねだりですね)さて本題ですが、黒髪ロングかっこいいと思いますが、服装や化粧で野暮ったくなる危険性は十分あると思います。今はカラーリングはしていないのでしょうか?パーマもかかってるようですし、7~8トーンの落ち着いた茶髪の方がナチュラルでコンプレックスの長身にも似合うと思いますょ。
ムッチリ、ぽっちゃりグラドル水樹たま、篠崎愛、柳瀬早紀、桐山瑠衣、中村静香以外でムッチリ、ぽっちゃりのグラドルを何人か教えてください。
AV女優の橘ひなた(別名:田中紗由莉/大嶋ゆな/桜井ひとみ/浜野ことね)さん。作品タイトル:地元で有名な女子校生に中出し 3(アップス)





▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


私…ずっと先生に中出しされていました。
もっとおデブさんかと思ったが全然アリですね。
ただ、お尻周辺が荒れぎみなのが玉にキズですが。
作品も尺八や自慰に尺を取りすぎで最後の絡みしか
まともではない・・・
また男優杉山を見たからたまたま見たメーカーですが
お決まりの男優を使ってないみたいだからもっと濃い内容が
見たいですな。
ぽちゃ巨乳の美少女に大量中出し
Hカップの爆乳美少女「松嶋真麻」主演による学園ドラマ。女子校生のヒロイン「真麻」は、ある日、進路指導で担任の男性教諭と二人きりになる。軽いスキンシップで彼女を笑わそうとする先生。初めは笑顔で応えていた真麻であったが、彼の指先はやがて彼女の豊満な乳房をまさぐり始める。嫌悪の表情を見せつつもなぜか抵抗できない真麻。教え子の口内で果てる先生。別の日、年配の指導教員に呼び出された彼女は、またもや教師達による歪んだ性欲の餌食となる。真麻の無毛マ○コにたっぷりとザーメンを注入。後半も体操着姿で溢れんばかりの精子を中出しされる。松嶋真麻の中でも「もっともおっぱいが大きかった時期(もっともぽっちゃりしていた時期)」の作品で、ぽちゃ巨乳好きにはたまらない一本。
シチュエーションに工夫がない
先生に秘密で中出しされていたというストーリーならさ
もうちょっとシチュエーションに工夫しようよ。

普通の教室とか、どこか分からない部屋で淡々とセックスしても
なんの背徳感や興奮もないでしょ。

薄暗い安いラブホでハメ撮りするとか
休日に先生の家に呼ばれた設定で汚い生活感のある先生のアパートで
1日中汗だくになってセックスするとか
男のドス黒い肉欲を若い女にぶちまけるから背徳感が生まれるんですよ。
今は桃乃木かな、揉みまくられて最高
山根千佳に似たアイドル顔でとてもかわいいです。今の桃乃木かなと違い、だいぶ太目です。松嶋真麻の名前の下でもデビュー作のたる体系からぼちゃに変化しています。このくらいのぱちゃが好みで今の桃乃木かなは乳も小さくなって痩せすぎです。出てくる男優は二人ですが、杉山がいい揉みをしています。揉み専ではないですが、なかなかいい後ろ揉み、前揉みがあります。立ちバックの時に長い後ろ揉みをしてくれればパーフェクトでしたが、それでも揉み度8、乳揺れ度6です。