濃厚すぎる!インチキ催眠術師の催眠で母親を発情させ、さらに息子と近親相姦させる事が出来るのか!? – アダルトビデオ動画 –

催眠効果と健康についてのモニタリングだと言われ、ある催眠術師の下を訪れた母子。部屋に母親だけを残して予備催眠をかけると、ライターの炎を見るとオナニーしたくなる…というエッチな命令も聞いてしまう催眠状態に陥った!続いてライターの火を見ると発情し、そこにいる男性とSEXしたくてたまらなくなるという催眠をかけられた母親は、果たして息子とSEXしてしまうのか!?そんな猥褻実験の一部始終を盗見しました!

★★★★★


SM大王


M過ぎるほどのスレンダー美人妻はありえない男の要求、ある日社長から営業の仕事をえっ?彼女たちはつかの間に自分勝手なオナニーをする。
ローター使ってのオナニー披露や、最後はチャイナドレスを着ての絡みを披露です。
中出し後もさらにオナニー続行です。
彼氏はいなく毎晩オナニー専門でがんばっているらしい。
M字開脚で指マンオナニー手コキフェラ→騎乗位→バック→正常位→胸射でフィニッシュ
★★★★☆

AV動画フェチ



美紀嬢の公開電マオナニー失禁。
確認し、双方向型オナニー作品。
恥じらいながらもオナニー開始。
母親と妹の過激なオナニー映像盗撮。
続いてバイブオナニーシーンを経て、色っぽいじゃありませんか、とある事情でAV撮影に!施術されると気持ちいいを求めてくる!暴露してくれ。
オナニーや室内放尿のシーンも見逃せません!嫉妬と怒りからある計画を思いつく。
★★★☆☆




稲川なつめというAV女優です。楽しいオナニーライフを!
最近、引退されたAV女優さんが何年ぶりに復活する傾向があります。(例:小森愛、笠木忍、松本まりななど)復活してほしい、AV女優さんはいますか?また熟女になって戻ってきた方のAV見て、オナニーできますか?
av女優琥珀うたの蛍光灯でオナニーする動画が2年前?くらいにあって、忘れられないです。探しても見つかりません。。誰か情報提供お願いします。。
AV女優の橘花音「「童貞くんのオナニーのお手伝いしてくれませんか…」 街中で声を掛けた心優しい人妻さんがマジックミラー号で童貞くんを赤面筆おろし!3」
僕はダンディーであまり知りませんが、BAがほしいので小耳に挟んだ程度で紹介します。。。。。。。。愛内希〉〉この人は少女っぽいです。(フェラ80点)。。。。。。。。。。。。大倉彩音〉〉清純派です。。。。。。。。。。。。。このは〉〉この人も童顔チックですが、なかなかエロく、デカチンを馬乗りで自分で入れるシーンをDVDで見たとき、「興奮してオナニーがそこで終わったと」知人がいってました。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。市原さとみ〉〉この人は綺麗系です。。。。。。。。あずみ恋〉〉なかなかの美人です。。。。。。。。。沢田あいり〉〉とにかくこの人はエロい、「フェラシーン見ただけでいっちゃった」と友人が行ってました。最後に二名!僕は巨乳が好きなのて小宮涼菜さんとAV女優さんではありませんが、知恵に参加してるモッチーさんがすきです。
★★☆☆☆

制服マニア



左は雪野りこかな?右は誰でしょうかね。波多野結衣っぽいですが・・・近親相姦かな?www調べてみてください。
AV女優の繭村めい・必然?偶然?ハプニングの瞬間おま○こイン・巨乳熟女レズ湯けむり旅情 ~いで湯に浮かぶ百合の花~・ムチぽちゃボイン 激カワ!樽ドルお姉さん・肉妻 ザ・ドキュメント 爆乳美人奥さん 29歳 Hカップ・巨乳ママさんとエロガキたちのHな合宿 ママさんバレー編・実録・近親遊戯 田舎の近親相姦 3話の「義父と嫁」交尾・ボイン大好きしょう太くんのHなイタズラ・爆尻スゴい凄い! ヒップ100cm以上限定!!・近親相姦 母のお尻~巨乳美義母の絶品メガ尻
AV女優の桜川かなこ「渋谷で見つけた心優しい働くお姉さん 童貞くんのオナニーのお手伝いのつもりがセックス練習ってことで素股していてヌルっと入って筆おろし!?」
AV女優の松下美雪「息子なら母姉妹の裸当ててみて!家族+叔母の家族でお正月からオール近親相姦 全員おめでたスペシャル」
AV女優の水樹まや「母子げんかの後の気持ちよすぎる近親相姦
允恭天皇の 治世に皇太子、木梨軽皇子(きなしかるのみこ)と同母妹の軽大娘皇女(かるのおおいらつめのひめみこ)の近親相姦による配流事件が起きています。その処分について、古事記は「木梨軽皇子は伊予国に流され、軽大娘皇女が後を追う」ことになっているが、日本書紀は、「木梨軽皇子は皇太子だったので処刑は免れ、軽大娘皇女だけが伊予へ流された。」となっています。 ■衣通姫伝説(そとおりひめでんせつ)は『古事記』、および『日本書紀』にある記紀伝説のひとつ。允恭天皇の御世、その子に木梨軽皇子、軽大娘皇女という兄妹がいた。二人の母方の叔母である八田王女(やたのおうじょ)は美しい女性で、その美しさが衣を通してあらわれるようだという意味を込めて「衣通姫」と呼ばれていたが、軽大娘皇女もまた美しかったため、同様に「衣通姫」と呼ばれていた。当時は同母兄妹が情を交わすことは禁じられていた。これは、子供は母に属するものであると考えられていたためである。しかし木梨軽皇子は同母妹であるはずの軽大娘皇女に思慕し、やがてその思いを遂げてしまう。ある朝、允恭天皇が朝食を摂ろうとすると、冬でもないのに汁物が凍りついていた。これは不吉だと考えた天皇は、側近の者にこれを占わせる。その者は「身内に良くないことが起こっています。おそらく通じている者がいるのでしょう」と答え、二人の仲は周囲に発覚してしまうのである。この姦淫、近親相姦を知った群臣は木梨軽皇子から離れて行き、その弟である穴穂皇子(あなほのみこ、後の安康天皇)につく。軽大娘皇女は「立てた弓が倒れ、また立ち上がり、再び倒れるように」して兄の元へたどり着く。その時に木梨軽皇子はこう詠んだ。『こもりくの 泊瀬(はつせ)の山の 大峰(おほを)には 幡張(はたは)り立て さ小峰(をを)には 幡張(はたは)り立て 大峰(おほを)よし 仲定める 思い妻あはれ 槻弓(つくゆみ)の 臥(こ)やり臥(こ)やりも 梓弓(あずさゆみ) 起(た)てり起(た)てりも 後も取り見る 思い妻あはれ』 泊瀬の山の峰に幡を立て、仲を確かめあった愛しい妻、立てた弓が倒れ、また立ち上がり、再び倒れるようにしてやって来るその愛しい妻が、たまらなくあはれだ、というような意味である。木梨軽皇子は再会を喜び、二人はわずかな時間を愛しあったが自害した。





▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


少し残念な内容でした
※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
催眠術で近親相姦してしまう設定は面白くて楽しめたが、催眠術師とまでしてしまうのは必要無かったのではないか、そんな時間があるのならもう一組親子を登場させて欲しかった。