無垢なパイパン制服●年生少女 小さな身体に小さなパイパンワレメに生中出し – アダルトビデオ動画 – 無料


続きをみる





















オジサン私、毛が生えてきたら、オジサンと遊んでもらえないの?あどけない上目使い、ちっちゃなワレメに挿入すると、せつなそうな表情で喘ぐ発育途中の女の子たち。気持ちいいことを覚えると年頃の子は自制心が効かなくなる。


★★★★★
Pink Peach Purine

無垢 そら


三島そら/閲覧:94回/回答:1回
無垢 そら
このビデオに出てる女の子は他に作品出してませんか?


ベストアンサー


三島そらさんという方のようですm(_ _)m
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

三島由紀の近代能楽集、卒塔婆小町についてです。


三島そら/閲覧:149回/回答:1回
三島由紀の近代能楽集、卒塔婆小町についてです。
チップ500枚です!!
① 卒塔婆小町で老婆はなぜ最初自分は綺麗だと言い張っていたにも関わらず、最後の方で詩人がきれいだといそうな時に自分はしわだらけで綺麗じゃないと言っていたんでしょうか?
② 卒塔婆小町の「愛と美と死」を説明してください。それとどこが近代的なのか、どこが三島由紀をらしいのか説明してください。
③ 卒塔婆小町に隠されている深い意味や考察を説明してください。
よろしくお願いします。


ベストアンサー


おまえ
大学のゼミで聞かれてるのか
1は謙遜だろうね
あるいは羞恥心かな
2は愛と美と死は
卒塔婆小町の愛で
美は
内面的な美しさ
死は
相手が卒塔婆小町の美しさを認めた時点で
妄執が解き放たれて死に浄化されるんだと思う
3三島由紀夫的なのは中世へのあこがれ
卒塔婆小町に隠されている意味はわからないが
夏目漱石の夢十夜と呼応している作品かと思う
第一夜
こんな夢を見た。 腕組をして枕元に坐 すわ っていると、仰向 あおむき に寝た女が、静かな声でもう死にますと云う。 女は長い髪を枕に敷いて、輪郭 りんかく の柔 やわ らかな瓜実 うりざね 顔 がお をその中に横たえている。真白な頬の底に温か い血の色がほどよく差して、唇 くちびる の色は無論赤い。とうてい死にそうには見えな い。しかし女は静かな声で、もう死にますと判 然 はっきり 云った。自分も確 たしか にこれは死ぬなと思った。そこで、そうかね、 もう死ぬのかね、と上から覗 のぞ き込むようにして聞いて見た。死にますとも、 と云いながら、女はぱっちりと眼を開 あ けた。大きな潤 うるおい のある眼で、長い睫 まつげ に包まれた中は、ただ一面に真黒であった。そ の真黒な眸 ひとみ の奥に、自分の姿が鮮 あざやか に浮かんでいる。 自分は透 す き徹 とお るほど深く見えるこの黒眼の色沢 つや を眺めて、これでも死ぬのかと思った。それ で、ねんごろに枕の傍 そば へ口を付けて、死ぬんじゃなかろうね、大丈夫 だろうね、とまた聞き返した。すると女は黒い 眼を眠そうに みはっ たまま、やっぱり静かな声で、でも、死ぬんで すもの、仕方がないわと云った。 じゃ、私 わたし の顔が見えるかいと一心 いっしん に聞くと、見えるかいって、そら、そこに、 写ってるじゃありませんかと、にこりと笑って 見せた。自分は黙って、顔を枕から離した。腕 組をしながら、どうしても死ぬのかなと思っ た。 しばらくして、女がまたこう云った。 「死んだら、埋 う めて下さい。大きな真珠貝で穴を掘って。そう して天から落ちて来る星の破片 かけ を墓標 はかじるし に置いて下さい。そうして墓の傍に待っていて 下さい。また逢 あ いに来ますから」 自分は、いつ逢いに来るかねと聞いた。 「日が出るでしょう。それから日が沈むでしょ う。それからまた出るでしょう、そうしてまた 沈むでしょう。――赤い日が東から西へ、東か ら西へと落ちて行くうちに、――あなた、待っ ていられますか」 自分は黙って首肯 うなず いた。女は静かな調子を一段張り上げて、 「百年待っていて下さい」と思い切った声で 云った。 「百年、私の墓の傍 そば に坐って待っていて下さい。きっと逢いに来ま すから」 自分はただ待っていると答えた。すると、黒 い眸 ひとみ のなかに鮮 あざやか に見えた自分の姿が、ぼうっと崩 くず れて来た。静かな水が動いて写る影を乱したよ うに、流れ出したと思ったら、女の眼がぱちり と閉じた。長い睫 まつげ の間から涙が頬へ垂れた。――もう死んでい た。 自分はそれから庭へ下りて、真珠貝で穴を 掘った。真珠貝は大きな滑 なめら かな縁 ふち の鋭 する どい貝であった。土をすくうたびに、貝の裏に 月の光が差してきらきらした。湿 しめ った土の匂 におい もした。穴はしばらくして掘れた。女をその中 に入れた。そうして柔らかい土を、上からそっ と掛けた。掛けるたびに真珠貝の裏に月の光が 差した。 それから星の破片 かけ の落ちたのを拾って来て、かろく土の上へ乗せ た。星の破片は丸かった。長い間大空を落ちて いる間 ま に、角 かど が取れて滑 なめら かになったんだろうと思った。抱 だ き上 あ げて土の上へ置くうちに、自分の胸と手が少し 暖くなった。 自分は苔 こけ の上に坐った。これから百年の間こうして待っ ているんだなと考えながら、腕組をして、丸 い墓石 はかいし を眺めていた。そのうちに、女の云った通り日 が東から出た。大きな赤い日であった。それが また女の云った通り、やがて西へ落ちた。赤い まんまでのっと落ちて行った。一つと自分は勘 定 かんじょう した。 しばらくするとまた唐紅 からくれない の天道 てんとう がのそりと上 のぼ って来た。そうして黙って沈んでしまった。二 つとまた勘定した。 自分はこう云う風に一つ二つと勘定して行く うちに、赤い日をいくつ見たか分らない。勘定 しても、勘定しても、しつくせないほど赤い日 が頭の上を通り越して行った。それでも百年が まだ来ない。しまいには、苔 こけ の生 は えた丸い石を眺めて、自分は女に欺 だま されたのではなかろうかと思い出した。 すると石の下から斜 はす に自分の方へ向いて青い茎 くき が伸びて来た。見る間に長くなってちょうど自 分の胸のあたりまで来て留まった。と思うと、 すらりと揺 ゆら ぐ茎 くき の頂 いただき に、心持首を傾 かたぶ けていた細長い一輪の蕾 つぼみ が、ふっな
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

三島由紀夫は死を覚悟した時、はればれとした気持ちだったのでしょうか。それとも…


三島そら/閲覧:337回/回答:1回
三島由紀夫は死を覚悟した時、はればれとした気持ちだったのでしょうか。それとも陰鬱な気持ちだったのでしょうか。
禁色のラストシーンを読むと前者ではなかったかと思うのですが。
補足森田さんも師の首はやはり切り落とせなかったのでは?とはいえ、三島さんが苦しんだのは想像に難くありません。介錯する段階で情を入れてはいけませんね。


ベストアンサー


そら、燃え上がっていたでしょう。残念ながら、割腹の際、介錯の森田がどじって何回も三島の首を切り直してるのですよ。三島は苦しかっただろう。こういう時こそ一発で切り落とす力がないと武士とは言えん。(訓練不足と精神力の鍛えがない)
文学的天才の三島は本来割腹等と言うことに向かないサムライ根性とは無縁の人で、似合わないことから自己嫌悪に陥り、逆に武士的行動に憧れてそういう風に自分を鍛え、高めて行ったのです。スポーツ、戦闘、喧嘩、まるでできない人が自己改造を試みようとした偉い人ですよ。
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

3月4日に愛媛県伊予郡松前町に仕事に行きます。私の住む静岡県三島市からどうい…


三島そら/閲覧:537回/回答:1回
3月4日に愛媛県伊予郡松前町に仕事に行きます。私の住む静岡県三島市からどういう経路(交通手段)で行くのが良いでしょうか?13時前に到着したいです。また当地の見所、特産等教えて下さい。


ベストアンサー


5:33 三島発JR東海道本線・浜松行06:32 静岡着
06:42 静岡発JR新幹線ひかり493号 08:15 新大阪着
08:21 新大阪発JR新幹線のぞみ99号 09:06 岡山着
09:24 岡山発JR特急しおかぜ5号 12:10 松山着
12:17 伊予鉄道大手町発 伊予鉄道高浜線・横河原行12:19 松山市着
12:30 松山市発 伊予鉄道郡中線・郡中港行 12:47 松前着
が当日発の便となります。後羽田から飛行機もありますが、出発が1時間ゆっくりできますけど合計料金が四万円越えます。
JR松山駅と伊予鉄道大手町駅は駅前直線で200m余位ですので歩きで大丈夫。
さて松前町は平地の町で離れて見える山は隣の市町にになります。元々、農業(米、ハダカ麦、そら豆、キュウリなど)と漁業の町で、海の側には東レの愛媛工場や、様々な会社の物流拠点があります。地場産業は海産物(珍味)の加工があり国内シェアNo.1。内陸部を走る国道56号線沿いに様々な店が列び、地元スーパーフジのショッピングセンター「エミフル」が一際目立ちます。当地では特にお土産や名産品はありません。
見所は強いて言うならエミフル、普通に考えれば松山に出て松山城、道後温泉かと。土産となれば松山土産となりタルト(こし餡のロールケーキ)、母恵夢(ポエム…乳菓、確か静岡にも似た品あったような)辺り。松山土産愛媛土産となればまだまだ尽きない。
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

名字について教えてください。


三島そら/閲覧:2634回/回答:1回
名字について教えてください。
①三島という名字の由来は?
②『ソラ』が付く名字は?
③友人や親戚でラ行の名字の人はいますか?
いる場合はその名字を教えてください。


ベストアンサー


①苗字は概ね地名や職業が由来です。
三島氏は、おそらく三島神社が由来かと思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%B3%B6%E7%A4%BE
②「空(そら)」という苗字があります。
他に、空田・空谷・大空 などあります
http://www2s.biglobe.ne.jp/~suzakihp/index40.html
③知人にはいませんが
羅(ら)・楽(らく)
竜造寺(りゅうぞうじ)
留守(るす)
冷泉(れいぜい)
六角(ろっかく)・六郷(ろくごう)
など、あります。
(-o-)/
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

日本人が韓国を嫌う理由が分かりません


三島そら/閲覧:411回/回答:28回
日本人が韓国を嫌う理由が分かりません
韓国は日本にひどいことをされました
とても醜く残虐な行為をされました
しかし日本は韓国に何かをされたことはありません
むしろ、韓国は歴史を
通じて日本に貢献してきました
(中国の技術を韓国が日本へ渡しました)
日本人が韓国を理由を教えてください


ベストアンサー


ごたごた言う前に、韓国の嘘、妄想、捏造をなんとかしたら?
韓国人は、悪意ある「嘘」をつく。
「息を吐くように嘘をつく」韓国人
↓【 例 】
↓都合のいいものを使って、悪意ある話をつくり、日本を貶す、これが「韓国」の常套(じょうとう)手段です。
——————————————————————-
現在の、ソメイヨシノ韓国起源説は、2009年4月6日に聯合ニュースが記事にした、韓国国立山林科学院暖帯山林研究所の「キム・チャンス博士」が主張する「日帝強制支配期(韓国併合時代)」に日本人が済州島の王桜を改良、のちに大量増殖し、それを3000株アメリカに贈ったものがポトマック川川辺のサクラだ」との主張を根拠としている。
——————————————————————-
↑そもそも、王桜が新種として初めて採集された1908年よりも前の1877年と1882年に植樹されたソメイヨシノが日本国内に現存することから、最初から辻褄が合わないのです。
↓嘘に嘘を重ねる。
http://news.searchina.net/id/1570272?page=1
↑2015年4月16日、韓国国立山林科学院・暖帯山林研究所のキム・チャンス所長が、16日付の韓国紙「漢拏(ハンラ)日報」で王桜は韓国・済州島で自生する種であることを改めて主張した。「王桜」は韓国では「ソメイヨシノ」のことを指す。
キム所長は記事で「王桜はどこから来たのか?」と切り出し、王桜の公式記録について「1900年の日本園芸雑誌45号の上野公園桜の記事にみられ、翌年には正式学名が付けられた」と説明した。
しかし、キム所長によれば、1908年にフランス人の宣教師によって済州(チェジュ)島の漢拏(ハルラ)山で王桜が採集されると、その後の研究で王桜がもともと済州島に自生していた植物であることが判明したという。このことは、大島地方にしか自生していないと思っていた日本人を大いに驚かせたという。
キム所長は、1916年にアメリカの植物学者アーネスト・ウィルソンによってソメイヨシノは交雑種との仮説が発表されたことや、ソメイヨシノと命名される所以となった江戸の染井村の苗木商について紹介した。
だが、キム所長は仮説は証明されておらず、苗木商に桜がどこから来たのか聞こうにも長い歳月が流れており、どれひとつ明確な答えは出せていないと指摘。一方で、済州島には樹齢200年と推定される王桜の老木があり、交雑種という根拠も薄いため、王桜は済州島に自生していたものだと主張した。
記事では最後に「漢拏山に王桜が育つ限り、済州島が王桜の唯一の自生地だという地位は崩れない」と述べた。
——————————————————————–
ソメイヨシノは最初の親をエドヒガンと日本固有種のオオシマザクラとし、全て接木や挿し木によって人工的に繁殖させたクローンの園芸品種のサクラであることが、DNAフィンガープリント法や核SSR(シンプル・シーケンス・リピート)法などの遺伝子解析で判明しており、ソメイヨシノは韓国原産ではなく、王桜と同種でもないことが判明している。
——————————————————————–
1901年(明治34年)、東京帝国大学の松村任三博士によって、ソメイヨシノの「プルヌス・エドエンシス」(Prunus yedoensis)という学名が発表された。プルヌスはサクラの属名、エドエンシスは江戸という場所で見つかったことを意味する種名だ。ただし、この頃はまだ野生の桜について研究が深まっておらず、ソメイヨシノも原産地がはっきりわからない野生種の一つと考えられていた。
大正時代には、花や葉の特徴を手がかりに「染井村の吉野桜」の正体を推定する植物学者が出てきた。屋久島にウィルソン株という屋久杉の巨大な切り株がある。米国の植物学者E・H・ウィルソン博士が報告したことからこの名前がついているが、このウィルソン博士が1916年(大正5年)に、ソメイヨシノは野生種のエドヒガンとオオシマザクラの雑種であるとする説を発表している。しかし当時の植物分類学では雑種という考え方は奇異で、ウィルソン説は無視されていた。
昭和になると、韓国・済州島起源説が提唱された。植物分類学の第一人者だった小泉源一・京都帝国大学教授が、済州島産の桜の標本にソメイヨシノに似たものを見つけた。この桜は古くから同島で見られたといい、地元ではワンボナムと呼ばれていた。1932年(昭和7年)、小泉博士は済州島を現地調査し、ワンボナムの自生を確認。ワンボナムを済州島の古い別名エイシュウからとったエイシュウザクラと呼んだ。また、日本に生えているのと同じソメイヨシノも済州島に自生していたと報告。そのうえで、同島から日本に移入されたものではないかと推定した。
この済州島起源説は、植物分類学の権威が唱えただけに学界でも有力視されてきたが、戦後の1960年代になって見直されることになる。野生の桜の研究が進み、日本には10の野生種があることがわかっていた。前出のエドヒガン、オオシマザクラのほか、ヤマザクラ、カスミザクラ、オオヤマザクラ、マメサクラ、タカネザクラ、チョウジザクラ、ミヤマザクラ、カンヒザクラで、この中からソメイヨシノの両親を探す科学者が出てきた。
国立遺伝学研究所(静岡県三島市)の竹中要博士は戦後、桜の人工交配実験を様々に行い、花や葉の形態的特徴を観察して、ソメイヨシノはエドヒガンとオオシマザクラの雑種とみられると1962年に報告した。竹中博士は遺伝研の敷地内に、人工交配によって作りだした桜や各地の桜を植えて観察を行っていた。現在では立派な桜並木になり、「遺伝研の桜」といえば地元では知らない人がいないほど有名な花見の名所になっている。
平成の時代に入ると、ソメイヨシノの生い立ち研究は新たな段階を迎える。分子生物学の発展によって、DNA分析で雑種説を裏づける研究が登場してきた。花や葉の形態を調べる過去の研究でソメイヨシノは雑種という考え方が定着してきたものの、本当にそうなのか、「他人のそら似」ということはないのか、最新のDNA分析で科学的に確かめてみようというわけだ。
桜の栽培品種は、いい性質をそのまま引き継ぐため、接ぎ木という人為的な方法で増やすことが多い。とはいえ、ソメイヨシノのような栽培品種であっても、もとをたどれば自然界で、ある桜の雄しべで作られた花粉が、風や虫によって別の桜の雌しべに運ばれ受粉して、というプロセスを経て誕生したと考えられている。ソメイヨシノの父親(花粉を飛ばした個体)と母親(受粉した雌しべを持つ個体)をDNA分析で推定できないのだろうか。
先駆けとなった京都大学グループの研究(1996年)でわかったのは、ソメイヨシノの母親がエドヒガンということだった。どのように調べたのだろう。通常の細胞核DNAとは別に、細胞内の小器官にある独自のDNAをみる手段があるのだ。例えば光合成を担う葉緑体(小器官)にあるDNAは、母方からのみ遺伝する特徴を持つ。細胞核のDNAは、父親のDNAと母親のDNAがどうブレンドされて遺伝するかは偶然に左右されるが、この葉緑体DNAは、どの種が父親であろうと変わることなく子に遺伝する。比べてみるとソメイヨシノとエドヒガンの葉緑体DNAは一致する。これでエドヒガンが母親だということが突き止められた。
2014年、森林総合研究所の研究グループは、ソメイヨシノのDNA分析を行い、DNAの塩基配列に見られる特徴的な繰り返し配列部分を26か所にわたって分析し、ソメイヨシノの遺伝子がどういう集団に由来するのかを調べた。その結果、エドヒガン由来の可能性が一番高く、次いでオオシマザクラ由来の可能性が考えられた。三番目にはヤマザクラに由来する可能性も、DNAの特徴から推定できることがわかった。
——————————————————————–
ソメイヨシノは最初の親をエドヒガンと日本固有種のオオシマザクラとし、全て接木や挿し木によって人工的に繁殖させたクローンの園芸品種のサクラであることが、DNAフィンガープリント法や核SSR(シンプル・シーケンス・リピート)法などの遺伝子解析で判明しており、ソメイヨシノは韓国原産ではなく、王桜と同種でもないことが判明している。
「ソメイヨシノ(染井吉野)」=「エドヒガン系」+「オオシマザクラ(日本固有種)」
※遺伝子研究の結果、ソメイヨシノはエドヒガンとオオシマザクラの雑種が交雑してできた単一の樹を始源とするクローン
↓ソメイヨシノ(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%A8%…
————————-
「王桜(エイシュウザクラ)」=「エドヒガン系」+「オオヤマザクラ」
※遺伝子研究の結果、王桜は遺伝的にエドヒガンとオオヤマザクラの種間雑種
↓王桜(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%8B%E6%A1%9C
——————————————————————–
↓ポトマック川のソメイヨシノ
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

カフェインについてです。


三島そら/閲覧:429回/回答:1回
カフェインについてです。
カフェインは脂肪燃焼させる効果があると聞いたのですが、
同時にカフェインは体を冷やす効果があるとも聞きました。
肥満気味な私は、
カフェインが含まれている紅茶を飲んでから 運動をします。
でも 体を冷やす効果があるのなら
紅茶やカフェインを含むものをあまり飲まないようにしたいと
思っています。
最初は珈琲を飲んで運動をしていましたが、
珈琲は南国の飲み物なので体を冷やすと聞きました。
それならば体を温める効果がある紅茶を と思い、運動前の飲み物は
紅茶になりました。
紅茶は体を温める、
紅茶に含まれているカフェインは体を冷やす、
どちらも本当だとしたら
体を温める効果と体を冷やす効果
どちらのほうが強いのでしょうか。


ベストアンサー


★カフェインについて★
*focus_taboo様が仰る身体を冷やす、温める事に関しては、
カフェインは利尿効果がありますので、放尿をする時に
体温が放出するだけです。
*温める、冷やすは、ホットで飲めば温めます。
アイスコーヒー、紅茶を飲めば冷やす程度です。
以下に「カフェイン」と「身体を温める・冷やす食物」を
記します。
長くなりますが参考にして下さい。
▲▲カフェイン▲▲
カフェインは明らかに強力な麻薬と言ってもいい化学薬品、物質である。
カフェインは中枢神経に直接作用するから、即座に思考がハッキリしてくる感じがする。
*脳には疲労感、眠気を生じさせるアデノシン受容体が存在して、「カフェイン」は
それらをブロック致します。
そうすると、脳の働くが活性化して心拍数が上昇することで、集中力が高まり、
筋肉が活性化します。意欲が高まる効果もあります。
人が摂取する許容量は400mg(コーヒー3杯、紅茶3杯分)が健康人の許容量です。
●カフェインの取り過ぎ●
①カフェインは蓄えられている糖の放質は内分泌系に重いストレスを与え
副腎が消耗して低血糖を招く結果となる。また、肝臓に蓄えられた糖の放出を促し、
精神の高揚効果を与える。
②過剰摂取は神経質になり,不安定になりやすい。
③毎日の摂取は体内の脂肪組織に蓄積して排泄は容易ではなくなる。
④カフェイン摂取コーヒー、コーラ、お茶はあなたを単に楽しませるだけでなく、
中毒にさせる。カフェインの典型的な禁断症状を起す。
⑤過剰摂取(メチルキサンチン=カフェインに含まれる活性化学物質)は
良性の乳房,前立腺の病気の原因となる。
(オハイオ州立大元教授:ジョン・ミルトンの研究):イギリスの医学雑誌
「ランシェット」はコーヒーの消費と膀胱癌及び下部尿路の癌の間に
強い相関関係があると報告。
⑥カフェインは、身体からビタミンC、亜鉛、カリウム、Bビタミン、特にイノシトール
を奪う。
⑦消化管の酸性度を高め直腸に影響が出る。
⑧高血圧性心臓病の原因の一つである。
⑨カフェインはDNA複製を妨げることが証明されている。
⑩妊婦は取らないほうがよい(ザ・センター・フォー・サイエンス・
イン・ザ・パブリック・インタレスト)
⑪カフェインはエストロゲンの分泌を亢進させる働きがあるため、
乳腺症などのエストロゲンによる症状がある場合、
カフェインの摂取を控えることで症状が改善する場合がある。
*「カフェイン」は少量は頭痛、メンタルケアに効果がありますが、500mg/1日
以上は頭痛が悪化する。
*カフェインの致死量10gである。
▲参考書=BUZZ:The Science and Lore ofAlcohol andCaffeine*
*カフェインの興奮作用=ヒトが起きている時、脳の神経が興奮します。
神経の興奮により「アデノシン」が分泌されます。
神経システムは、受容体を通じて、アデノシンのレベルを監視していて、
脳、せき髄で、アデノシンが一定レベルに達すると眠気を促す仕組みに
なっており、ヒトにはA1,A2A,A2B,A3の
4種類があります。カフェインと直接結びつくのはA1受容体です。
◆食物について◆
●食品の温:冷について●
共通⇒揚げ物の食品は140℃以上で揚げた物は食べない。発癌物質ができる。
「アクリル・アミド」である。
妊婦には胎児の脳に影響が出る。
② [身体が虚弱な人が摂った方が良い食品] いわし、かつお、鯛、たら、ふぐ、海老、猪、牛、鳥、羊、もち米、大麦
きび、米麹、栗、ライ麦、胡桃、隠元、そら豆、みりん、お酢、みりん、
からし、にんにく、山椒、胡椒、生姜、かぶ、カボチャ、大根、玉ねぎ、
ネギ、紫蘇、ニラ、茗荷、香菜、チンゲンサイ、白菜、人参、らっきょう
みかん、きんかん、桃、りんご、焼酎、ビール、ワイン、
① [身体の強い人の摂っても良い食品] 豆腐、納豆、そば、牡蠣、しじみ、かに、蛸、馬、豚、小麦、小麦粉、塩
はと麦、粟、こんにゃく、上白糖、牛乳、チーズ、緑茶、コーヒー、枝豆
醤油、きゅうり、セロリ、ごぼう、ぜんまい、竹の子、レタス、トマト、
なす、パセリ、ふき、ほうれん草、わらび、じゅんさい、柿、スイカ、梨
パイナップル、バナナ、マンゴー、青海苔、昆布、もずく、ワカメ。
以上が食品の分類です。
参考にして下さい。三島
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

韓国では、天皇家は韓国から移住したと教育されています。


三島そら/閲覧:1442回/回答:18回
韓国では、天皇家は韓国から移住したと教育されています。
韓国の捏造をどう思いますか?


ベストアンサー


韓国人は、悪意ある「嘘」をつく。
「息を吐くように嘘をつく」韓国人
↓【 例 】
↓都合のいいものを使って、悪意ある話をつくり、日本を貶す、これが「韓国」の常套(じょうとう)手段です。
——————————————————————-
現在の、ソメイヨシノ韓国起源説は、2009年4月6日に聯合ニュースが記事にした、韓国国立山林科学院暖帯山林研究所の「キム・チャンス博士」が主張する「日帝強制支配期(韓国併合時代)」に日本人が済州島の王桜を改良、のちに大量増殖し、それを3000株アメリカに贈ったものがポトマック川川辺のサクラだ」との主張を根拠としている。
——————————————————————-
↑そもそも、王桜が新種として初めて採集された1908年よりも前の1877年と1882年に植樹されたソメイヨシノが日本国内に現存することから、最初から辻褄が合わないのです。
↓嘘に嘘を重ねる。
http://news.searchina.net/id/1570272?page=1
↑2015年4月16日、韓国国立山林科学院・暖帯山林研究所のキム・チャンス所長が、16日付の韓国紙「漢拏(ハンラ)日報」で王桜は韓国・済州島で自生する種であることを改めて主張した。「王桜」は韓国では「ソメイヨシノ」のことを指す。
キム所長は記事で「王桜はどこから来たのか?」と切り出し、王桜の公式記録について「1900年の日本園芸雑誌45号の上野公園桜の記事にみられ、翌年には正式学名が付けられた」と説明した。
しかし、キム所長によれば、1908年にフランス人の宣教師によって済州(チェジュ)島の漢拏(ハルラ)山で王桜が採集されると、その後の研究で王桜がもともと済州島に自生していた植物であることが判明したという。このことは、大島地方にしか自生していないと思っていた日本人を大いに驚かせたという。
キム所長は、1916年にアメリカの植物学者アーネスト・ウィルソンによってソメイヨシノは交雑種との仮説が発表されたことや、ソメイヨシノと命名される所以となった江戸の染井村の苗木商について紹介した。
だが、キム所長は仮説は証明されておらず、苗木商に桜がどこから来たのか聞こうにも長い歳月が流れており、どれひとつ明確な答えは出せていないと指摘。一方で、済州島には樹齢200年と推定される王桜の老木があり、交雑種という根拠も薄いため、王桜は済州島に自生していたものだと主張した。
記事では最後に「漢拏山に王桜が育つ限り、済州島が王桜の唯一の自生地だという地位は崩れない」と述べた。
——————————————————————–
ソメイヨシノは最初の親をエドヒガンと日本固有種のオオシマザクラとし、全て接木や挿し木によって人工的に繁殖させたクローンの園芸品種のサクラであることが、DNAフィンガープリント法や核SSR(シンプル・シーケンス・リピート)法などの遺伝子解析で判明しており、ソメイヨシノは韓国原産ではなく、王桜と同種でもないことが判明している。
——————————————————————–
1901年(明治34年)、東京帝国大学の松村任三博士によって、ソメイヨシノの「プルヌス・エドエンシス」(Prunus yedoensis)という学名が発表された。プルヌスはサクラの属名、エドエンシスは江戸という場所で見つかったことを意味する種名だ。ただし、この頃はまだ野生の桜について研究が深まっておらず、ソメイヨシノも原産地がはっきりわからない野生種の一つと考えられていた。
大正時代には、花や葉の特徴を手がかりに「染井村の吉野桜」の正体を推定する植物学者が出てきた。屋久島にウィルソン株という屋久杉の巨大な切り株がある。米国の植物学者E・H・ウィルソン博士が報告したことからこの名前がついているが、このウィルソン博士が1916年(大正5年)に、ソメイヨシノは野生種のエドヒガンとオオシマザクラの雑種であるとする説を発表している。しかし当時の植物分類学では雑種という考え方は奇異で、ウィルソン説は無視されていた。
昭和になると、韓国・済州島起源説が提唱された。植物分類学の第一人者だった小泉源一・京都帝国大学教授が、済州島産の桜の標本にソメイヨシノに似たものを見つけた。この桜は古くから同島で見られたといい、地元ではワンボナムと呼ばれていた。1932年(昭和7年)、小泉博士は済州島を現地調査し、ワンボナムの自生を確認。ワンボナムを済州島の古い別名エイシュウからとったエイシュウザクラと呼んだ。また、日本に生えているのと同じソメイヨシノも済州島に自生していたと報告。そのうえで、同島から日本に移入されたものではないかと推定した。
この済州島起源説は、植物分類学の権威が唱えただけに学界でも有力視されてきたが、戦後の1960年代になって見直されることになる。野生の桜の研究が進み、日本には10の野生種があることがわかっていた。前出のエドヒガン、オオシマザクラのほか、ヤマザクラ、カスミザクラ、オオヤマザクラ、マメサクラ、タカネザクラ、チョウジザクラ、ミヤマザクラ、カンヒザクラで、この中からソメイヨシノの両親を探す科学者が出てきた。
国立遺伝学研究所(静岡県三島市)の竹中要博士は戦後、桜の人工交配実験を様々に行い、花や葉の形態的特徴を観察して、ソメイヨシノはエドヒガンとオオシマザクラの雑種とみられると1962年に報告した。竹中博士は遺伝研の敷地内に、人工交配によって作りだした桜や各地の桜を植えて観察を行っていた。現在では立派な桜並木になり、「遺伝研の桜」といえば地元では知らない人がいないほど有名な花見の名所になっている。
平成の時代に入ると、ソメイヨシノの生い立ち研究は新たな段階を迎える。分子生物学の発展によって、DNA分析で雑種説を裏づける研究が登場してきた。花や葉の形態を調べる過去の研究でソメイヨシノは雑種という考え方が定着してきたものの、本当にそうなのか、「他人のそら似」ということはないのか、最新のDNA分析で科学的に確かめてみようというわけだ。
桜の栽培品種は、いい性質をそのまま引き継ぐため、接ぎ木という人為的な方法で増やすことが多い。とはいえ、ソメイヨシノのような栽培品種であっても、もとをたどれば自然界で、ある桜の雄しべで作られた花粉が、風や虫によって別の桜の雌しべに運ばれ受粉して、というプロセスを経て誕生したと考えられている。ソメイヨシノの父親(花粉を飛ばした個体)と母親(受粉した雌しべを持つ個体)をDNA分析で推定できないのだろうか。
先駆けとなった京都大学グループの研究(1996年)でわかったのは、ソメイヨシノの母親がエドヒガンということだった。どのように調べたのだろう。通常の細胞核DNAとは別に、細胞内の小器官にある独自のDNAをみる手段があるのだ。例えば光合成を担う葉緑体(小器官)にあるDNAは、母方からのみ遺伝する特徴を持つ。細胞核のDNAは、父親のDNAと母親のDNAがどうブレンドされて遺伝するかは偶然に左右されるが、この葉緑体DNAは、どの種が父親であろうと変わることなく子に遺伝する。比べてみるとソメイヨシノとエドヒガンの葉緑体DNAは一致する。これでエドヒガンが母親だということが突き止められた。
2014年、森林総合研究所の研究グループは、ソメイヨシノのDNA分析を行い、DNAの塩基配列に見られる特徴的な繰り返し配列部分を26か所にわたって分析し、ソメイヨシノの遺伝子がどういう集団に由来するのかを調べた。その結果、エドヒガン由来の可能性が一番高く、次いでオオシマザクラ由来の可能性が考えられた。三番目にはヤマザクラに由来する可能性も、DNAの特徴から推定できることがわかった。
——————————————————————–
ソメイヨシノは最初の親をエドヒガンと日本固有種のオオシマザクラとし、全て接木や挿し木によって人工的に繁殖させたクローンの園芸品種のサクラであることが、DNAフィンガープリント法や核SSR(シンプル・シーケンス・リピート)法などの遺伝子解析で判明しており、ソメイヨシノは韓国原産ではなく、王桜と同種でもないことが判明している。
「ソメイヨシノ(染井吉野)」=「エドヒガン系」+「オオシマザクラ(日本固有種)」
※遺伝子研究の結果、ソメイヨシノはエドヒガンとオオシマザクラの雑種が交雑してできた単一の樹を始源とするクローン
↓ソメイヨシノ(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%A8%…
————————-
「王桜(エイシュウザクラ)」=「エドヒガン系」+「オオヤマザクラ」
※遺伝子研究の結果、王桜は遺伝的にエドヒガンとオオヤマザクラの種間雑種
↓王桜(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%8B%E6%A1%9C
——————————————————————–
↓ポトマック川のソメイヨシノ
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

ネタバレ?注意


三島そら/閲覧:36回/回答:2回
ネタバレ?注意
夜は短し歩けよ乙女のアニメ映画に出てくる古本市の神様が黒髪の乙女に「お姉ちゃん知ってる?」とあらゆる文豪の生涯とその作品について「この古本自体がいっさつのほんなんだよ」喋ってるシーンのセリフ全文が欲しいです
原作の小説にも全く同じセリフはありますか?あるとしたら何ページですか?


ベストアンサー


全く同じセリフはありません。
古本市の神様が私に言ったのは
「最初にあんたはシャーロック・ホームズ全集を見つけた。著者のコナン・ドイルはSFと言うべき『失われた世界』を書いたが、それはフランスの作家ジュール・ヴェルヌの影響を受けたからだ。
そのヴェルヌが『アドリア海の復讐』を書いたのは、アレクサンドル・デュマを尊敬していたからだ。
そしてデュマの『モンテ・クリスト伯』を日本で翻案したのが「萬朝報」を主宰した黒岩涙香。
彼は「明治バベルの塔」という小説に作中人物として登場する。その小説の作者山田風太郎が『戦中派闇市日記』の中で、ただ一言「愚作」と述べて、斬って捨てた小説が「鬼火」という小説で、それを書いたのが横溝正史。
彼は若き日「新青年」という雑誌の編集長だったが、彼と腕を組んで「新青年」の編集にたずさわった編集者が、『アンドロギュノスの裔』の渡辺温。
彼は仕事で訪れた神戸で、乗っていた自動車が電車と衝突して死を遂げる。
その死を「春寒」という文章を書いて追悼したのが、渡辺から原稿を依頼されていた谷崎潤一郎。
その谷崎を雑誌上で批判して、文学上の論争を展開したのが芥川龍之介だが、芥川は論争の数ヶ月後に自殺を遂げる。
その自殺前後の様子を踏まえて書かれたのが、内田百閒の『山高帽子』で、そういった百閒の文章を賞賛したのが三島由紀夫。
三島が二十二歳の時に会って、『僕はあなたが嫌いだ』と面と向かって言ってのけた相手が太宰治。
太宰は自殺する一年前、一人の男のために追悼文を書き、『君は、よくやった』と述べた。
太宰にそう言われた男は結核で死んだ織田作之助だ。
そら、彼の全集の端本をあそこで読んでいる人がある」
あの映画はかなり原作を改変しているので、セリフ、シチュエーションも変わっています。
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

韓国が日本に対して謝罪しない理由とは何ですか?


三島そら/閲覧:15回/回答:3回
韓国が日本に対して謝罪しない理由とは何ですか?
意地はってるの?


ベストアンサー


つべこべ言う前に、いいかげんに韓国の嘘、妄想、捏造をなんとかしろ!
韓国は、「教える立場」の「韓国人」が「完全に腐っている」
韓国人は、悪意ある「嘘」をつく。
「息を吐くように嘘をつく」韓国人
↓【 例 】
↓都合のいいものを使って、悪意ある話をつくり、日本を貶す、これが「韓国」の常套(じょうとう)手段です。
——————————————————————-
現在の、ソメイヨシノ韓国起源説は、2009年4月6日に聯合ニュースが記事にした、韓国国立山林科学院暖帯山林研究所の「キム・チャンス博士」が主張する「日帝強制支配期(韓国併合時代)」に日本人が済州島の王桜を改良、のちに大量増殖し、それを3000株アメリカに贈ったものがポトマック川川辺のサクラだ」との主張を根拠としている。
——————————————————————-
↑そもそも、王桜が新種として初めて採集された1908年よりも前の1877年と1882年に植樹されたソメイヨシノが日本国内に現存することから、最初から辻褄が合わないのです。
↓嘘に嘘を重ねる。
http://news.searchina.net/id/1570272?page=1
↑2015年4月16日、韓国国立山林科学院・暖帯山林研究所のキム・チャンス所長が、16日付の韓国紙「漢拏(ハンラ)日報」で王桜は韓国・済州島で自生する種であることを改めて主張した。「王桜」は韓国では「ソメイヨシノ」のことを指す。
キム所長は記事で「王桜はどこから来たのか?」と切り出し、王桜の公式記録について「1900年の日本園芸雑誌45号の上野公園桜の記事にみられ、翌年には正式学名が付けられた」と説明した。
しかし、キム所長によれば、1908年にフランス人の宣教師によって済州(チェジュ)島の漢拏(ハルラ)山で王桜が採集されると、その後の研究で王桜がもともと済州島に自生していた植物であることが判明したという。このことは、大島地方にしか自生していないと思っていた日本人を大いに驚かせたという。
キム所長は、1916年にアメリカの植物学者アーネスト・ウィルソンによってソメイヨシノは交雑種との仮説が発表されたことや、ソメイヨシノと命名される所以となった江戸の染井村の苗木商について紹介した。
だが、キム所長は仮説は証明されておらず、苗木商に桜がどこから来たのか聞こうにも長い歳月が流れており、どれひとつ明確な答えは出せていないと指摘。一方で、済州島には樹齢200年と推定される王桜の老木があり、交雑種という根拠も薄いため、王桜は済州島に自生していたものだと主張した。
記事では最後に「漢拏山に王桜が育つ限り、済州島が王桜の唯一の自生地だという地位は崩れない」と述べた。
——————————————————————–
ソメイヨシノは最初の親をエドヒガンと日本固有種のオオシマザクラとし、全て接木や挿し木によって人工的に繁殖させたクローンの園芸品種のサクラであることが、DNAフィンガープリント法や核SSR(シンプル・シーケンス・リピート)法などの遺伝子解析で判明しており、ソメイヨシノは韓国原産ではなく、王桜と同種でもないことが判明している。
——————————————————————–
1901年(明治34年)、東京帝国大学の松村任三博士によって、ソメイヨシノの「プルヌス・エドエンシス」(Prunus yedoensis)という学名が発表された。プルヌスはサクラの属名、エドエンシスは江戸という場所で見つかったことを意味する種名だ。ただし、この頃はまだ野生の桜について研究が深まっておらず、ソメイヨシノも原産地がはっきりわからない野生種の一つと考えられていた。
大正時代には、花や葉の特徴を手がかりに「染井村の吉野桜」の正体を推定する植物学者が出てきた。屋久島にウィルソン株という屋久杉の巨大な切り株がある。米国の植物学者E・H・ウィルソン博士が報告したことからこの名前がついているが、このウィルソン博士が1916年(大正5年)に、ソメイヨシノは野生種のエドヒガンとオオシマザクラの雑種であるとする説を発表している。しかし当時の植物分類学では雑種という考え方は奇異で、ウィルソン説は無視されていた。
昭和になると、韓国・済州島起源説が提唱された。植物分類学の第一人者だった小泉源一・京都帝国大学教授が、済州島産の桜の標本にソメイヨシノに似たものを見つけた。この桜は古くから同島で見られたといい、地元ではワンボナムと呼ばれていた。1932年(昭和7年)、小泉博士は済州島を現地調査し、ワンボナムの自生を確認。ワンボナムを済州島の古い別名エイシュウからとったエイシュウザクラと呼んだ。また、日本に生えているのと同じソメイヨシノも済州島に自生していたと報告。そのうえで、同島から日本に移入されたものではないかと推定した。
この済州島起源説は、植物分類学の権威が唱えただけに学界でも有力視されてきたが、戦後の1960年代になって見直されることになる。野生の桜の研究が進み、日本には10の野生種があることがわかっていた。前出のエドヒガン、オオシマザクラのほか、ヤマザクラ、カスミザクラ、オオヤマザクラ、マメサクラ、タカネザクラ、チョウジザクラ、ミヤマザクラ、カンヒザクラで、この中からソメイヨシノの両親を探す科学者が出てきた。
国立遺伝学研究所(静岡県三島市)の竹中要博士は戦後、桜の人工交配実験を様々に行い、花や葉の形態的特徴を観察して、ソメイヨシノはエドヒガンとオオシマザクラの雑種とみられると1962年に報告した。竹中博士は遺伝研の敷地内に、人工交配によって作りだした桜や各地の桜を植えて観察を行っていた。現在では立派な桜並木になり、「遺伝研の桜」といえば地元では知らない人がいないほど有名な花見の名所になっている。
平成の時代に入ると、ソメイヨシノの生い立ち研究は新たな段階を迎える。分子生物学の発展によって、DNA分析で雑種説を裏づける研究が登場してきた。花や葉の形態を調べる過去の研究でソメイヨシノは雑種という考え方が定着してきたものの、本当にそうなのか、「他人のそら似」ということはないのか、最新のDNA分析で科学的に確かめてみようというわけだ。
桜の栽培品種は、いい性質をそのまま引き継ぐため、接ぎ木という人為的な方法で増やすことが多い。とはいえ、ソメイヨシノのような栽培品種であっても、もとをたどれば自然界で、ある桜の雄しべで作られた花粉が、風や虫によって別の桜の雌しべに運ばれ受粉して、というプロセスを経て誕生したと考えられている。ソメイヨシノの父親(花粉を飛ばした個体)と母親(受粉した雌しべを持つ個体)をDNA分析で推定できないのだろうか。
先駆けとなった京都大学グループの研究(1996年)でわかったのは、ソメイヨシノの母親がエドヒガンということだった。どのように調べたのだろう。通常の細胞核DNAとは別に、細胞内の小器官にある独自のDNAをみる手段があるのだ。例えば光合成を担う葉緑体(小器官)にあるDNAは、母方からのみ遺伝する特徴を持つ。細胞核のDNAは、父親のDNAと母親のDNAがどうブレンドされて遺伝するかは偶然に左右されるが、この葉緑体DNAは、どの種が父親であろうと変わることなく子に遺伝する。比べてみるとソメイヨシノとエドヒガンの葉緑体DNAは一致する。これでエドヒガンが母親だということが突き止められた。
2014年、森林総合研究所の研究グループは、ソメイヨシノのDNA分析を行い、DNAの塩基配列に見られる特徴的な繰り返し配列部分を26か所にわたって分析し、ソメイヨシノの遺伝子がどういう集団に由来するのかを調べた。その結果、エドヒガン由来の可能性が一番高く、次いでオオシマザクラ由来の可能性が考えられた。三番目にはヤマザクラに由来する可能性も、DNAの特徴から推定できることがわかった。
——————————————————————–
ソメイヨシノは最初の親をエドヒガンと日本固有種のオオシマザクラとし、全て接木や挿し木によって人工的に繁殖させたクローンの園芸品種のサクラであることが、DNAフィンガープリント法や核SSR(シンプル・シーケンス・リピート)法などの遺伝子解析で判明しており、ソメイヨシノは韓国原産ではなく、王桜と同種でもないことが判明している。
「ソメイヨシノ(染井吉野)」=「エドヒガン系」+「オオシマザクラ(日本固有種)」
※遺伝子研究の結果、ソメイヨシノはエドヒガンとオオシマザクラの雑種が交雑してできた単一の樹を始源とするクローン
↓ソメイヨシノ(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%A8%…
————————-
「王桜(エイシュウザクラ)」=「エドヒガン系」+「オオヤマザクラ」
※遺伝子研究の結果、王桜は遺伝的にエドヒガンとオオヤマザクラの種間雑種
↓王桜(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%8B%E6%A1%9C
——————————————————————–
↓ポトマック川のソメイヨシノ
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


もったいないね~
4人位出てきます。
一人142cmこが可愛いのですが、撮り方が残念でもったいない。

三島さんも悪くはないが中途半端な感じ。

抜けないね~